管理栄養士、帝京平成大学健康メディカル学部健康栄養学科講師、野口律奈です研究テーマは「うつ病と食事」、「調理実習を活用した業務遂行能力の改善」です。リハクッキング、栄養学についても紹介します。

学会発表

<学会発表>

※スマートフォンでご覧の方は、表を横方向にスクロールしてご覧下さい。

(学会発表)
うつ病休職者のリワークプログラムとして調理実習は有効か? 平成29年4月

第8回 うつ病リワーク研究会年次研究会

女性のメンタルヘルスにおける食事の役割 平成28年10月

第15回 加齢と更年期のヘルスケア学会学術集会 シンポジウム

精神科リワークデイケアにおける男性気分障害患者への昼食提供の意義の検討 平成28年4月

第7回 うつ病リワーク研究会年次研究会

高齢者のたんぱく質、カルシウム強化牛乳摂取による骨代謝への影響について 平成27年10月

第14回 加齢と更年期のヘルスケア学会学術集会

わが国におけるカルシウムとビタミンD摂取を巡る知られざる現状 平成27年10月

第14回 加齢と更年期のヘルスケア学会学術集会  会長講演 座長

女性のメンタルヘルスと食事・栄養 平成27年10月

第14回 加齢と更年期のヘルスケア学会学術集会 シンポジウム

うつ病患者のリワークプログラムとしての調理実習 平成27年4月

第6回 うつ病リワーク研究会年次研究会

更年期女性の食生活
~メタボとロコモのハザマで~
平成26年10月

第13回 加齢と更年期のヘルスケア学会学術集会 シンポジウム

うつ病患者の食行動と栄養摂取状態、および症状との関連 平成25年6月

日本精神科診療所協会
第19回 学術研究会

うつ病患者の食生活と症状の関連 第5回 うつ病リワーク研究会
年次研究会
野口律奈 「うつ病患者食生活と症状の関連を大うつ病性障害患者と双極性障害患者とで比較検討した。 結果、特定栄養素においても、食事摂取パターンにおいても、双極性障害患者のみで関連が示された。」
鬱病患者の不安症状と脂肪酸 第20回 脂質栄養学会大会 野口律奈、土門茉利奈、川端輝江、平岡真実、北原裕美、渡部芳徳、香川 靖雄 「鬱病患者の不安症状と血清脂肪酸、脂肪酸摂取量の関連を調査。女性患者の血清TCH・LDLが不安症状と有意な逆相関を示した。」
うつ病休職者を対象とした調理実習プログラムの経過評価:質的検討 第65回 日本栄養・食糧学会大会  野口律奈、武見ゆかり、垣内由美子、前田 知里、渡部 芳徳、香川 靖雄「うつ病休職者の復職支援プログラムとして導入している「調理実習」の効果を患者自身の言葉を通して質的に評価した。」
モノグルタミル葉酸添加パンはリスク遺伝子多型保持者でもうつスケールを改善する 第57回 日本栄養改善学会学術総会 平岡真実、白井裕、斉藤豊、陣内瑤、野口律奈、本井博文、香川靖雄「女子大生を対象に、通常の食事に葉酸を添加し、添加前後の血清葉酸濃度と鬱スケールの変化を検討した。」
うつ病患者の葉酸、ホモシステインと遺伝子多型 第57回 日本栄養改善学会学術総会   野口律奈、平岡真実、陣内瑶、香川靖雄「日本人うつ病患者を対象に、うつ病と葉酸栄養状態との関連を遺伝子栄養学の立場から検討した。」
女子大生に対する葉酸添加主食の連続摂取によるうつスケールの改善 第64回 日本栄養・食糧学会大会 平岡真実、陣内瑶、野口律奈、堀端薫、石田裕美、堀江修一、香川靖雄「女子大生を対象に、葉酸を添加した主食を連続摂取させ、添加前後の鬱スケールの変化を検討した。」
うつ病患者の遺伝子多型と1-C代謝 第41回 アジア大平洋公衆衛生学術連合体会議 山口律子(旧姓)、渡部芳徳、陣内瑶、平岡真実、福島亜紀子、佐久間慶子、香川靖雄「日本人うつ病患者を対象に、うつ病と葉酸栄養状態との関連を遺伝子栄養学の立場から検討した。」(発表者:香川靖雄)
生活習慣病予防企業での取り組み
~栄養士と校外実習生のタイアップ~
第10回 埼玉県食の安全県民会議 サンケン電気㈱の食堂での取り組みについて発表した。主な内容は、校外実習生とタイアップした社員への健康教育について
生活習慣病予防
~各職域の取り組み~
埼玉県栄養士会ミニ学会 事業所栄養士代表のシンポジストとして、サンケン電気㈱の食堂での取り組みについて発表した。主な内容は、カロリーコントロール食の実施について
PAGETOP
Copyright © 管理栄養士 野口律奈のホームページ All Rights Reserved.